砂漠で溺死

本と映画を、ネタバレ全開で書きます。

「考えさせられる」という言葉が嫌

「この映画は考えさせられる映画だよねえ」とか言われると、なんだかしっくりこないというか、気持ち悪い感じがする。 そもそも考える、というのは自発的に行われるものであって、「考えさせられる」という言葉からは「考えることを強いる」みたいなニュアン…

お母さんになりたい|川上未映子『きみは赤ちゃん』

きみは赤ちゃん (文春文庫) 作者: 川上未映子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/05/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 作家の川上未映子が妊娠してから、その子どもが一歳になるまでを綴ったエッセー集。 自分は男性なので、子ど…

太宰治『ヴィヨンの妻』

ヴィヨンの妻 (新潮文庫) 作者: 太宰治 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1950/12/22 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 85回 この商品を含むブログ (161件) を見る 表題作の「ヴィヨンの妻」をこれまでに何回も何回も読み直しているのだけれど、いまだに…

太宰がドッキリしかけられたら……|太宰治『きりぎりす』

きりぎりす (新潮文庫) 作者: 太宰治 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1974/10/02 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 28回 この商品を含むブログ (67件) を見る 太宰治は、笑える。「人間失格」とかカフカの「変身」とか、あれはコメディだよねとか言う人…

表現者とかって

お笑い芸人やら作家やらミュージシャンやら、夢を追ってばしっとつかむタイプの職業をやってらっしゃる方は30歳でも無職とか普通で、「おれは30にもなってなにをやっているんだ」ってぽつりぽつりと溢すそれらが(意識せずして?)かっこよかったりする。…

選択するということの、圧倒的な。

村上春樹の「カンガルー通信」て作品(もしかしたら違うかもしれない)に、 「ぼくの願いは二つのところに同時に存在したいということだけだ」みたいな言葉が出てきて、ああ、と思ったことがある。 昔からあれこれと思い悩む性格で、ひとつのものを選択した…

伊坂幸太郎『砂漠』

砂漠 (新潮文庫) 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2010/06/29 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 73回 この商品を含むブログ (171件) を見る いままで伊坂幸太郎を読んだことがなかった。もし読んで、好きになってしまったらと考えると…

綿矢りさ『蹴りたい背中』

蹴りたい背中 (河出文庫) 作者: 綿矢りさ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2007/04/05 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 127回 この商品を含むブログ (134件) を見る 「さびしさは鳴る」 十七歳だったぼくは、この最初の一文を読んで震えました。 …

ぶるぶるほっぺと水の音

中学生のころ、友達のA君の家に遊びにいった。 学校の前で待ち合わせ、A君の後を追って自転車を漕いだ。10分ほどしてA君が一軒の平屋の前で止まったとき、ぼくはぎょっとした。 それは今まで見たことがないほど(そしてこれからもおそらく見ることがないほ…

比留間久夫『yes・yes・yes』

Yes・yes・yes (河出文庫) 作者: 比留間久夫 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 1992/07 メディア: 文庫 クリック: 5回 この商品を含むブログ (5件) を見る 「読むといい」と言って、暗い目をした友達がこの本を貸してくれた。 男娼のことを書いている…

『悪童日記』 アゴタ・クリストフ

悪童日記 (ハヤカワepi文庫) 作者: アゴタクリストフ,Agota Kristof,堀茂樹 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2001/05 メディア: 文庫 購入: 100人 クリック: 3,630回 この商品を含むブログ (273件) を見る 悪童日記。名前だけは聞いたことある方もいらっ…

『流跡』 朝吹真理子

流跡 (新潮文庫) 作者: 朝吹真理子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/05/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る ものすごい本でした。 小説には筋があって、ひとつの直線状をよどみなく進んでいくものだと思っている人が読めば、口をあ…

女性の作家について

ぼくは、どちらかというと女性作家の書いた本のほうが好きです。特に意識して区別しているわけじゃないのだけれど、好きな本を挙げてみると、女性作家のもののほうが圧倒的に多い。 なぜかはよくわからない。けど、自分なりに考えてみました。 これは多分に…

『沖で待つ』 絲山秋子

沖で待つ (文春文庫) 作者: 絲山秋子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2009/02 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 16回 この商品を含むブログ (59件) を見る 表題作の「沖で待つ」と、「勤労感謝の日」の短編二編収録。 私は「勤労感謝の日」のほうが好…