砂漠で溺死

「すごい自意識だなあ」と笑う自意識

伊坂幸太郎『砂漠』

 

砂漠 (新潮文庫)

砂漠 (新潮文庫)

 

 

いままで伊坂幸太郎を読んだことがなかった。もし読んで、好きになってしまったらと考えると怖かったのだ。知り合いに「好きな作家は?」と聞くと、半数ぐらいは伊坂幸太郎の名前を上げる。あと東野圭吾。そんなに多くの人が言うのなら面白いのだろうけど、俺は大勢にはなびかないもんねっと意地を張り、読まずにいたのである。

しかし最近、自分がどうやら青春小説が好きだということに気がつき(結局ミーハーなのだ)、何か良いものはないかと探していたところ、この『砂漠』という本の評価が高かったので、殻を破るつもりで一発、読んでみたわけです。

 

・あらすじ

入学した大学で出会った5人の男女。ボウリング、合コン、麻雀、通り魔犯との遭遇、捨てられた犬の救出、超能力対決…。共に経験した出来事や事件が、互いの絆を深め、それぞれ成長させてゆく。自らの未熟さに悩み、過剰さを持て余し、それでも何かを求めて手探りで先へ進もうとする青春時代。二度とない季節の光と闇をパンクロックのビートにのせて描く、爽快感溢れる長編小説。

                   内容(「BOOK」データベースより)

 

あの、ひとことで言ってしまうと、めちゃめちゃ面白かったです。まず、この本500ページもあるのですが、これを飽きさせずに一気に読ませてしまう時点ですごい。こんなに集中した本は最近でもあまりないかもしれない。

こういう王道の青春小説ってすごくみずみずしくてみんな楽しそうだから、そういうワイワイしたのが苦手な自分はだめかもな、と思っていたけれど、全然そんなことにはならなくて、むしろそういう人が読んだらいいのかもしれない。読後には、すごい喉乾いてるときにコーラを一気飲みした時のような爽快感がある。ぷはーって。

 

なんか、若いって大変だなあ、と、読み終えたときに思った。

自分がこの先どうなるかなんて全然わからなくて、でも将来の夢、というか、それまで無尽蔵に溢れ出ていた可能性の塊みたいなものがだんだんと目の前で小さくなっていくのがわかって焦り、そういう不安やら怒りなんかが行動するエネルギーの源になったりもして、なんだか忙しいなあと思う。

でも、こんな素敵な大学生活を送った彼らは、将来もきっとうまくやっていくだろうな。楽しかった思い出は自分のからだの奥のほうにひっそりと降り積もって、普段は見えないけれど、ふとしたときにきらっと光って、あたためてくれるような気がする。

 

物語の終わりのほう、ある生徒の一人が彼らに向かって「本当はおまえたちみたいなのと、仲間でいたかったんだよな」と言う。これってものすごいことじゃないか。そんなこと面と向かって言わせるやつらってただ物ではないと思う。そんなただ物でないやつらと500ページも共にできたことを嬉しく思います。どうもありがとう。