砂漠で溺死

本と映画を、ネタバレ全開で書きます。

お母さんになりたい|川上未映子『きみは赤ちゃん』

 

きみは赤ちゃん (文春文庫)

きみは赤ちゃん (文春文庫)

 

 

作家の川上未映子が妊娠してから、その子どもが一歳になるまでを綴ったエッセー集。

 

自分は男性なので、子どもを産むことができない。だから、たぶん女の人よりも、赤ちゃんとの距離がある。なんだかそれって、けっこう悲しいことなのかもしれないと思った。

でもとにかく、そんなことを思わせるくらい、母親って赤ちゃんと密な関係で、とっても大変なのだ。子どもを産んで育てるというのは、文字通り命がけなのだ、とわかった。

なんだか、そんな本気の作業を、何年も何年も、果てしないくらいのすべてのお母さんがしてきたのだと思うと、人類ってすごい。というか、お母さんってすごい。

幼稚な考えだけれど、どんな人も昔は赤ちゃんで、お母さんに見つめられて、大事に守られてきたのだと思うと、そんな簡単に人を悪く言ったりは、できないのではないのかな。

 

読むとなんだか、あたたかい気持ちになれるような、そんな本でした。